エフェクトの使い方

とりあえず呼び出し方 エフェクトの使い方、正直な話「helpも見ないで使い初めて、始めに見つける機能」の代表格みたいなので、それをイチイチ解説するのはなんか変なカンジなのですが、とりあえずダラダラと解説

まずはエフェクトの選択

Premiereの画面からエフェクトコントロールウィンドウを選択して、そこから適当なエフェクトを選択して下さい

あとはエフェクトを適用したいタイムラインにそれをドラッグ&ドロップして下さい

値の調整

大概のエフェクトは、「どれくらいエフェクトをかけるか?」という値の調整が出来ます。また、それは時間事に徐々に変化するように設定することも出来るようになっています まずは値の調整。エフェクトコントロールウィンドウを見れば一目瞭然ですね。

#ref(): File not found: "effect-control.gif" at page "Pre-DETAPre-Effect"

で、まぁここから先がな〜んにも分からなかった頃に最初に陥る関門、エフェクトのキーフレーム打ちです コレを行うことで、エフェクトの強弱を、途中で指定する事ができます。

Premeire5時代には、コレ微妙に使いにくい位置にあったのですが、いつの間にかこんな所に移動していました

(これはAfterEffect?のインターフェースをPremiereにフィードバックしたモノのようです)

これは実際に画面と対応させてみて貰った方が分かりやすくて良いと思うのですが

#ref(): File not found: "key-before.gif" at page "Pre-DETAPre-Effect"

ここで指定した箇所をクリックするとキーが打てます

#ref(): File not found: "key-after.gif" at page "Pre-DETAPre-Effect"

と言う風になります。

AfterEffectsの場合、値の調整は直線的な変化以外にも、曲線的に変化するように値の調整が可能になっていたりするのですが、Premiereに付いている範囲でたいていの場合困りませんので、ここでの「有利/不利」というのは状況を限定しないと出てこないと思いますよ

重ねがけ可能

ここらへんからPremiereにおけるエフェクトの「本質」というヤツが見えてきます

Premiereのエフェクトは、PhotoShopAfterEffectsと同じく「重ねがけ」が可能です

Premiereは5から6に移行するときに、内部エンジンにAfterEffect?のフィルタを一部取り込めるようになったとはいえ、全体的に見るとエフェクト面での充実ぶりは少し低めだと思います(それでも結構使えるモノが多いんですけどね

おおよそ一般的な経験則としては「自己主張の強いフィルタは重ねがけには使いにくい」です 正直、良い組み合わせなんかは昔から良く研究されていて、過去の作品は良い参考になるのですが、最近はAE全盛なのでPremiere作品で良いモノというのが上げにくいですねぇ…

フィルタに関するTips

「重ねがけ」を意識してPremiereのエフェクトを経験的に分類するなら、おおよそ次の3つに分類するといえるでしょう

:アクの強い画像の変換: これは、実際のエフェクトで言うなら「レンズフレア」や「エンボス」等の、一度使ってしまうとそれが画面の印象を支配してしまうタイプのエフェクトです 実際使ってみると分かりますが、ここらへんのフィルタというのは大抵、他のエフェクトを重ね掛けしてもその効果がうち消せない強力なアイテムです。 実際使う場合には、映像全体や画面全体での「ワンポイント」として適度に織り交ぜる様にしましょう。

:自己主張の少ない描画系: これは「ノイズ」や「ブラー」等がその代表と言えます。 だいたいどんな画面でもそれなりに来まい割に重要な仕事をちょいちょいとこなしてくれる、良い相棒となります。 逆に依存すると、メリハリの無いぺったりとした映像が出来がちです(まぁ、それが"味"になる場合も多々あるのですが) これと、最初の「アクの強いエフェクト」の間には、明確な境のない、多数のエフェクトがあります

:ビデオ調整: 「シャープ」や「カラーバランス」等の、映像の様子を微調整することを目的とするエフェクトです。 たいていの場合、このエフェクトは値を激変させるような使い方をすると失敗します(大抵であって、決して全部ではないことを強調しておく)。 ココをよく調製して、映像としての「完成度」をいじれるようになったなら、おおよそ自分なりの映像というモノに辿り着いて、成熟を目標としているでしょう。 価値を理解しないならそもそも素人、使われたらなら初心者、使いこなせれば職人と言えます。

:その他: これらの3つに分類されないモノですね 代表としては、なんらかの組み合わせで使うことを前提として存在している「極座標」なんかが入りますかね。 まぁ、ここに分類されると言うことは「単体では役に立たない」のが普通です。

あとは、まぁ。現在暫定作成中の「Adobe Premiere Effect Dictionary」を参照してください


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-22 (日) 02:13:11