2001年

この年、1999年頃からの全盛期に活躍した作家の引退、商業デビューが大規模に起こる。
また、この年から「つきのはしずく」や「Glove on Fight」等を鏑矢(かぶらや)として、Flashアニメの旺盛が始まる。

家庭でのPCの普及率が50.1%と初めて半分を超えた。(ちなみに前年は38.6%)

1月

2001-01-01 捏音たむ氏『atmosphereCM』公開
前作「awareness」を越える3D表現に期待がかかるCM版。しかし、完成版が公開されることはなく、後々「大気まだ?」のせりふが2chにあふれることになる。
2001-01-01 パピルス加藤氏、自鯖によるファイル置き場の提供開始
初期は主に動画系作家に対してサービスを提供していた。データセンターこそ利用していないものの、数百万のサーバに、1GBのRAID5(9.2GB×3台)によるディスクスペース、帯域保証付き1.5Mbpsの光専用線という豪勢なものであった。当時の回線代は28万/月程度であったという。現在は回線品目を100Mbpsに替え、また、本数も3本に増やして運用している。
※初期のアカウント貸与条件は「既婚者である事」であった。現在この条件は無くなっている。
※回線増設時に利用者を広く募集した所、静止画系からの応募が1件もなかった。そのサイズから動画系より遙かに困っていると思っていたので、この結果は意外だった。
※後のイベントにおいてはパピルス加藤氏のミラーは多く利用されている。
2001-01-05 Mirror氏「Scene[2]SENTENCE」公開
公開動画華音賞出品の「Scene」の続編として作られた作品。予選突破の際にはこれが本戦出場作品になる予定だったらしい。AIRをダークなイメージでまとめた秀作で、これによってMirror氏は界隈で確固たる地位を得る。
2001-01-08 2chスレ「みなさんのおすすめむび・640版」が立つ

2001-01-20 公開動画華音賞、Keyからの警告メールにより中止
華音賞に対して、Keyから警告メールが来る。神月氏がKeyに確認を取ったところ、事実と言うことで。参加者52名を誇ったこの大会は、予選までで中止となる。ちなみに、1位は本格的にAterEffects?を使い切ったことなどが高い評価を得たsaturn氏。
2001-01-20 ビジュアルアーツ警告メール騒動
ビジュアルアーツからの警告メールは他の界隈にも及び、壁紙大会の「灯火賞」、JBだお〜で行われた「JB爆笑」等が閉鎖。これ以降、警告メールは、その他のMADサイトにも及び、各所で閉鎖や凍結がおこる
2001-01-25 偽春菜、本家から警告
ペルソナウェアの発展の遅さに業を煮やした、黒衣鯖人氏が開発したデスクトップマスコットシステム「アレ以外の何か with "偽春菜"」(通称「偽春菜」)がペルソナウェアの商標を持つ翼システムより警告を受ける。
2001-01-26 偽春菜、「あれ以外の何かwith"任意"」に改名
商標権対策のために、春菜の文字を取って公開。後の、公開停止に続く。
2001-01-28 AK-1氏「Azurewind」公開
「AIR」のストーリーを追った観鈴Movie。単なる、派手なフィルタの組み合わせではない完成度が好評を得た。
2001-01-27? 神月社氏、引退宣言
神月氏が自身のサイト「Radiant Impression」の日記内にて。将来引退することを宣言。後に引退3部作の作成に入る。

2月

2001-02-01 任意たん、公開停止
「先方の言い分を認めたわけではありません」としながらも、「無用な摩擦を避けるため自主的に」 Finite Laboratory でのファイル公開を停止。偽春菜、逝去。
2001-02-08 2chスレッド「みなさんのおすすめむび・Mirror23」が立つ

2001-02-14 葉鍵板 2.14事件
Leafの非公開のスタッフ掲示板のログが2ch内で流出。スタッフのユーザーを小馬鹿にした本音の書き込みが話題に。また、「雫」「痕」「To Heart」等を手がけた看板クリエイター高橋&水無月氏がLeafを退社していたことが公にされる。
2001-02-14 「バーチャルネットアイドル ちゆ12歳」登場
後に大手日記サイトに補足され、またたく間にヒット数を上げていく。
2001-02-15 Western Digital製の30GBプラッタHDD「WD400AB」が発売
発売されたのは40GBモデル。

Western Digital製の30GBプラッタHDD「WD400AB」が店頭に並ぶ
2001-02-25 乃怒亞女嬢引退作「ConcLude?:Another Style Abyss-infinite rhyme」公開
「AIR」キャラ達と、自身の書いた小説をベースに作られた、私小説的Movie。原作と乖離した世界観ながら高い芸術性から。評価が分かれた(ちなみに後の「あなたが選ぶ静止画MAD大賞2001」で最優秀作品とされている)。身内のみでβ版を公開した際に「320版だと文字が見にくくなる」という理由から640版のみの公開となったため100Mを越えるファイルサイズに。公開時にはDLサイトを32個所用意することにより、DLできないという事態にはならなかったようだ。ちなみに、ベースとなった小説はコチラ
  • 夢幻図書館
  • 「歌姫」
    この作品の内容が逆鱗に触れた事により「Key」からMAD界が敵視されるようになったという噂が有る。
2001-02-?? 神藝工房の掲示板にて、動画職人の異端氏が乱入
神月氏のMovieの画質を避難。後に作家が画質に目を向ける契機となった。
しかし中途半端にエンコードの知識が広まったため、必要以上の高レートで公開する例が出てくる事となる

3月

2001-03-05 Napster停止
裁判所からの勧告により、Napsterの中央サーバーがシャットダウンされる。以降ユーザーはWinMXに流れていくことになる。ちなみに、Napster開発者はこの後に、このブランド名で有料音楽ダウンロードの会社を興すことになるが、コレに関しては省略する
2001-03-05 侍魂「先行者ネタ」を書く
1月にオープンした健さんの「侍魂」にて、後にブームを引き起こす「先行者」ネタを公開。後に公開された「中華ビーム」のネタで人気に火がつき、後のテキスト系サイトの評価や、ニュースサイト、ブログなどに繋がっていく。
2001-03-16 Adobe Premiere 6.0日本語版発売

2001-03-19 FLASH「つきのはしずく」公開
魔法使いを目指すドジな女の子、つきのはしずくの少し切ない成長物語。前作の「The Mother Mars」シリーズでFLASHアニメの可能性を切り開いた「RG-CONTENT」の森野あるじ氏の代表作となる。ちなみに同年7月7日には第2話が公開された。後に「YUKINO」に続く
2001-03-?? メルコ HK6-MS600P-NV4発売
ソケ7系CPUアクセラレーターの最後にして最速の製品
時代はPen4時代に突入してたためコアな客向け。
2001-03-16 長瀬産業 民生向け「DVD-R」ドライブ「TRANSGEAR DVD-R100-P」を単体販売開始
オーサリングとエンコードソフトがついて99,800円
中身のドライブは松下製
この時のDVD-Rメディアのお値段は1,500円/枚

4月

2001-04-01 2chスレ「みなさんのおすすめむび・はありません。帰れ。」が立つ
スレッド名の由来は、紅楓氏のHP上の文章「ここにマッドムービーはありません。帰れ」から。(ちなみにこれも、偽春菜のtopページ「ここにペルソナウェアはありません。帰れ。」のパロディ)
2001-04-01 いい氏 個人站『唯々諾々なページ』閉鎖?
数日前から、topページで謎のカウントを行った後に、閉鎖。4月1日の出来事であることから、偽装閉鎖とも思われたが、攻略ムービーファイルとリンク集を残して、復活する事はなかった。
2001-04-16 ビジュアルアーツ・Key4.16事件
1月20日に続いて、ビジュアルアーツからの警告メールが再び各サイトに送られる。
2001-04-27 世界初のHDD&DVDビデオレコーダー「RD−2000」発売
30GBのHDDと4.7GBのDVD−RAMドライブを内蔵
定価は270,000円(税別)。
2001-04-?? 「かーずSP」立ち上げ
FLASHサイトとしては同年11月より紹介し始める。
2001-04-?? WinMXユーザー拡大
Napsterの難民は一時Gnutellaなどに流れたが、やがて日本語の扱いやすさなどの理由から、WinMXが徐々にユーザを拡大して行き、国内最大のユーザー数を誇るファイル共有ソフトに変わっていく。後の5月には100万人を越えたと言われる。

5月

2001-05-03 「M2 Union」のMist氏、合法MAD作成
Witchの素材引用規定を利用して、「Alive」の曲と画像をベースに「iniquity」を制作
2001-05-05 2chスレッド「みなさんのおすすめむび・(・∀・)ee!!」が建つ
名前の由来は「唯々諾々のページ」管理人のいい氏から
2001-05-?? 新海誠氏「彼女と彼女の猫」で「DoGa? CGアニメーションコンテスト」グランプリを獲得
後に「ほしのこえ」で名を轟かせる初の個人アニメーション。新海誠氏が各技術を、徹底した省力化が計られているが全くそんなことをカンジさせない良作で、コンテストで最大の賞であるグランプリを獲得(グランプリは出る年より、出されない年の方が多い。ちなみに前年、一昨年ともに該当作無し)。作品を見たい場合は、DoGa?の過去作品集を通販するか(在庫がないと思われる、入手難)、「ほしのこえ」にオマケとして付けられている。
2001-05-13? 「M@D Scene;fied」建つ
crew-uk氏の運営するサイトで、本格的なmad情報系の開祖、以降mad界隈の事情などの情報を収集、公開していくことになる。
2001-05-18 Adobe After Effects 5.0 日本語版を発売

2001-05-?? MXでMADの共有がおこり始める
元々公開期間も短く、取りのがしの起こりやすかった過去作品のアーカイブ的性格として、また、やんわりプロテクトを回避して、手っ取り早く作品を入手する手段として等でMXが静止画MADコミュニティでも利用される。ちなみに、MXのネットワーク内でも、静止画MADに関するチャンネルが僅かながら存在している
2001-??-??(春頃?) 巳水氏「Studio-Hampty-Dampty」を立てる
正直な話、静止画MADの公開情報を書き込む掲示板を用意してあった。当初は書き込みもなく閑散とした物であったが、後にDOMの神と言われるRio氏を中心に、徐々に書き込みがされはじめて、いかに早く情報を載せるかの競争になる。

6月

2001-06-?? Canopus ビデオキャプチャカード「MTV1000」発売
業務用向けに採用されていたMPEG2エンコーダ「松下製MN85560」を搭載するなど、高画質化を追求した作り。
作家の購入もそれなりに多かった。

7月

2001-07-01 「M@D Scene;fixed」ニュースコンテンツを拡張

2001-07-15? 先行者Movie公開
「侍魂」から話題になった中国製ロボット「先行者」の3DMovieが公開される。ファンの作成した曲に、さらにMovieを作成した物だが、映像の質としてもネタとしても、非常に完成度の高い物であった。ここからも当時の先行者ムーブメントの一端が読みとれる
2001-07-21 あのい氏「Deep-in-Greef」オープン
開設当初、その毒舌から避難の声が上がるが、後に徐々にMAD界の天の邪鬼として、嫌われながらも慕われる不思議な立ち位置を獲得していく

8月

2001-08-?? mad movie作品データベースサイト「凍音」オープン
最初の本格的なMAD Movie作品データベースを構築。公開当初は作品数も960件とまだまだだが、後に段々と作品数を増加させていく
2001-08-03 minori「BITTER SWEET FOOLS」DEMO公開
後に「ほしのこえ」で名を轟かせる新海誠氏の制作。その完成度から、MAD好きの間に新海誠氏の名前が記憶される
2001-08-07 Groover「グリーン・グリーン」 DEMO Movie 公開
「awareness」で有名な、神藝工房の捏音たむ氏作成のDEMOが公開される、新海氏の「BITTER SWEET FOOLS」と並んで、Movieとしての完成度が話題になった、初めてのDEMOといえる
2001-08-10 夏のコミックマーケット60開催
10日(金)〜12日(日)までの3日間に開催。主な頒布物としては、渡辺製作所の「Party's Breaker」、TYPE-MOONの「歌月十夜」等
2001-08-15 静止画MAD関連リンクサイト、Skyscraperオープン
公開当初はリンクの数も少なく、使えるサイトではなかったが、新規のサイトを中心に、以降約三ヶ月、徐々にリンク許可を取りつけていき。有用度を上げて行っている
2001-08-19 春風亭工房、FLASH「GLOVE ON FIGHT」公開
「RG-CONSENT」の「つきのはしずく」に続く話題作。
2001-08-25 2ちゃんねるが閉鎖の危機に
2001年8月の閉鎖騒動
2001-08-28 2chスレッド「みなさんのおすすめむび@避難所」が立つ
2ちゃんねるのLeaf・Keyの一時閉鎖の煽りを受けておすすめむびスレッドも移動する。ちなみに後9月8日にLeaf・Keyは復帰するが、避難所の方も引き続き書き込みがあり。むびすれは二者並立で流れていくことに
2001-08-?? 「awareness」高画質版がWinMXに流出
2000年度最高の作品、また、後のMADにおけるフラッグシップといえる作品ともなった、捏音たむ氏の「awareness」の高画質版(少なくともサイト上ではでは未公開)がWinMXでダウンロードできることが分かる。この頃から、身内公開版等の希少ファイルが、WinMX内で流通し始める
2001-08-?? 美凪ちよ氏がMAD投票企画の話題を出す
自身が運営するMAD評論のページの掲示板にて、MADの人気投票企画をほのめかす。本人にとってはほんの冗談のつもりだったのだが、F改氏、ばばんばーん氏に押し出され、さらにM@D Scene;fixedにて取り上げられる事で、なし崩し的に企画が進行する(後の「あなたが選ぶ静止画MAD大賞2001」)
2001-08-?? 「月姫」
おおよそこの頃から、冬までにかけて、TYPE-MOONの「月姫」がネット上でゆっくりと話題になり始める。おそらく夏コミ公開の「歌月十夜」が起爆剤になった物と思われる

9月

2001-09-01 2ちゃんねる売却騒動
莫大なデータ転送量からサーバー会社からから悲鳴が上がり。閉鎖の話が出た。この話は9月1日に2ちゃんねるがオークションに出される事になり、火を上げることになる(ちなみにオークションの話はネタだった)。これ以降。2ちゃんねるは商業化の道を模索していくことになる
2001-09-10 プリズム工房雑誌掲載
ネットランナー2001年10月号にてプリズム工房が無断で紹介される。
 「マッド・アニメを公開しているサイト。アニメのシーンやゲームの画像を切り貼りして、オリジナルのオープニングを作っている。作品によっては一部自作のアニメも挿入されている。」(p145下の欄から)
2001-09-11 ニューヨークの国際貿易センターに旅客機が衝突
俗に言う、後の「9.11テロ」。ネットでも大騒ぎになった。
不謹慎なコラ画像、MADが量産される。
2001-09-15 FLASH「ゴノレゴ」公開
俗に言う「吉野屋ゴルゴ」。ネタFLASHのおこりといえる物。裏ニュースを中心に、テキストサイトにて情報が流され話題になる。作者ポエ山氏は7〜8月に公開されたFLASHアニメ「quino」と並んで、後のFLASH界で不動の地位を得る。ちなみに「quino」は、その年の「DoGa?:第14回CGアニメコンテスト」にて作品賞を受賞している。
2001-09-19 「Studio-Hampty-Dampty」サーバーダウン
MADのアップロード情報公開サイト、SHDがサーバーダウン。なんのアナウンスもなく。利用者は混乱した。後にばばんばーん氏が避難用の掲示板を立て(以前MAD作者の締め出しをしたT-CUP掲示板であったことが叩かれている)さらに後の9月29日にBlackplay氏とcrew-uk氏により「M@Dreport ; bbs」が設置された。
2001-09-23 神月社氏、D.O.の「家族計画」のOPを作成することが決定
MAD作家の商業化の口火を切ることになる。"ソフ倫(コンピュータソフトウェア倫理機構)のトップである「D.O.」がMADを認めたのか"とも話題になる
2001-09-?? 韓国製MMORPG「ラグナロク オンライン」α版サービス開始
以降多数のmad作家の制作時間をプレイ時間に変えてしまうこのゲームの歴史が始まる

10月

2001-10-08 、Little Wing月姫イメージアルバム「7th moon」プロモーションMovie公開
Iris Motion Graphicsの捏音たむ氏の最新作。まにょっ 氏の曲、片霧烈火嬢の歌と相まって、その完成度が話題に。ちょうどこの頃は同人作品として、コミックやゲーム以外に文章や音楽等も本格的に評価される頃になっており。このアルバムは頒布後。Yahooオークションなどで高額で取り引きされる事になる(最高額は知る限り3万円をゆうにに突破している)。ちなみに、あくまでプロモーションのためのMovieと言うことで、Movieの方はこのCDでは収録されなかった。
2001-10-11 Key新作「CLANNAD」の情報公開開始
前作「AIR」から1年のブランクを置いての新作発表。各ニュースサイト等の影響でこの情報は瞬く間に広がりる。その後2,3日は、来訪者多数のためにサイトの閲覧が困難に
2001-10-17 「葉鍵板 最萌トーナメント」開催
いわゆる「最萌トーナメント」のフォーマットの興りとなったイベント。開催当初は「こんな試合数こなせるのか?」との声もあったが、実際始まってみると、試合結果の意外性や、ファンの参加できる自由度の高さ等のイベント制の高さ等から、徐々に盛り上がり(中盤に中だるみもあったが)準々決勝以降では一種の"現象"と化した。
2001-秋 AE時代?
AfterEffectsで華音賞予選を制したSaturn氏等、かねてよりAE作家は存在したが、これまでのPremiere作家の方が圧倒的だった。夏頃からS2H氏が「Blur Blue」や「fake」等の作品で、AfterEffectsを使いこなした事などが決定的な要因となり、最初に使うならPremierよりAfterEffectsの方が良い、という雰囲気が支配的となる。

11月

2001-11-01 Canopus社 DVRex-RT Professional, DVStorm-RT 発売
DVRex-RT Professionalはプロ用の入出力BOXがセットの最上位機種。
DVStorm-RTはDVRex-RT程の入出力端子は無いものの、ハイアマ層向けとしては十二分。
どちらもリアルタイムエフェクト機能をボード上で行うため高速な編集が可能だった。
2001-11-05 Canopus社Premiere用編集ボード「Premiere Booster」発表
DVRaptorシリーズの後継機種で海外では「DVRaptor-RT」として販売されていた物。
商品名にPremiereと入っていた事、Premiere付きで79,800円という安価さも手伝って作家にも人気に。
DVRex-RTやDVStormとは違いソフトウェア処理によるリアルタイム編集ボード
PCのスペックが向上して来た頃のためソフトウェア処理でも十分なリアルタイム処理が可能だった。
しかしながら以前のDVRaptorで出来た事が出来なかったりしたため一部では不評をかった。
2001-11-11 神藝工房、解散決定
神月氏の商業への転向などの影響で。カリスマの引退が決定。一時代の終わりといえる。
2001-11-16 Microsoft社の「Windows XP」日本語版発売開始
WinXPはNTの安定性・堅牢性とWin9x系のマルチメディア機能や使いやすさを併せ持った汎用OSとして広く普及した。
また、動画編集ソフトのWindowsムービーメーカーもWinMe?に引き続き提供された。
2001-11-27? 「ラグナロク オンライン」β版に移行
α版では下火だった人気が、おおよそここを境に本格化してブームになりはじめる。
多くの作家を飲み込んで行き編集を引退する人も出た。
2001-11-28 WinMXで初の逮捕者が出る
京都府警により「Adobe PhotoShop」や「Microsoft Visual C++」等を共有していたとして、19歳大学生と20歳専門学校生の2名の男性を逮捕。

12月

2001-12-08 「I've」メジャーデビュー
これまでエロゲーを中心に作曲を担当してきた音楽ユニットI'veが「おねがいティーチャー」のOPを担当することが決定。ヴォーカルはKOTOKO、曲は「Shooting Star」
2001-12-29 「あなたが選ぶ静止画MAD大賞2001」開催
主催は美凪ちよ氏、その他メンバーとしてF改氏、ばばんばーん氏がいる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-22 (日) 02:13:11