minori:ソフトウェア制作終了のお知らせ

ソフトウェア制作終了のお知らせ

いやはや、また思い出深いブランドが一つ消滅しました。

2012年頃の倒産騒動から思えば、7年。よく持ってくれました

私もefやeden*以降は追いかけていなかったですが毎年制作は続けていたのですね。

人の記憶に残る事をした良い会社であったと思います。

投稿者 baban 2019/02/28 at 23:46

no comments

ことのはアムリラートプレイ雑感

以前から気になっていた、「ことのはアムリラート」をプレイしたので感想などを。

正直、発売が2017年のソフトを今更かよ!という印象ですが

自分が買ったのはAndroid版。こんなサイトやっていますが美少女ゲームとか人生初の購入でしたよ。

エスペラントの学習に興味があって手を出したというのが正直な感想ですが、気が付いたら最後には百合百合オーラに飲まれていました…、恐ろしい子…


ご存知の方も多いのですが、作中で使われている言語、ユリアーモはエスペラントをほぼ踏襲しています。

作中で、言葉に苦労しながら主人公の凛がユリアーモを学んでいくのですが、これをまずは一通り流して1週目をクリア。

そのあと他のエンディングも見ようと2週目に突入すると、凛とルカの出会いのシーンで「あ、読める!」と1週目プレイの意味を悟る構成になっていることに感動。


以前にエスペラントの本は読んだことがあるので分かりますが、下手な入門書ならだいたい3冊分くらいの分量をゲームとして織り込みながら作られています。

とは言ってもシナリオ自体が主役なので、勉強モード自体がそれほど苦にならない。

このゲームの一番すごいところは、普通にプレイを続けてしまう所でした。良い仕掛けです。


面白いのがシナリオの進行の中盤で「辞書」が解放されて、作中で使われた単語がだいたいわかるようになっているところで、1週目で分からなかった部分を訳しながら進められるようになっています。

とはいっても1週目は流れで、2週目は逐次訳しながら進めた自分でも。エスペラントで書かれているところに作中の本質にかかわるようなところは含まれていなかったのが残念な点

1週目で分からなかった文章を2週目で訳しながら進めると「マジか!全部最初から書いてあったやん!」という風になると面白い仕掛けだったのになと訳しながら感じました。

ですが、これは訳さないと本当に面白くならないというゲームの重さとのバランスで、 サクサク進めながら、「最後の一言」だけは、きちんと辞書を引いて訳すとエンディングが感動に替わる様に設計されているので、最後の一言だけは辞書を引いて作り手の意思を感じてほしいな、と思います。

投稿者 baban 2019/02/23 at 11:36

no comments

MADLIVEコミュ MADLIVE_EXP!!!!! vol.440 DAY2良かったですね。

こういう放送は見るって決めて時間取らないとなかなか鑑賞しきれないものですが、新作に次ぐ新作でpre放送から完全に裏切られました。

大麦さんの新作流石でしたね

投稿者 baban 2019/02/03 at 13:19

no comments