RAID(レイド)

最近はオンボードでも提供されているので身近な存在ですが利点、欠点、利用法について考えて見ましょう。

注意:このページは書きかけです。加筆修正を求めます。

RAIDレベルと簡単な解説

  • RAID0
    RAID0はストライピングとも呼ばれます。
    主に高速化の手段として用いられますが、RAID内のドライブが1台でも壊れるとすべてのデータが消えます。
    最低構成台数は2台からです。
    容量は台数分の容量となります。
  • RAID1
    RAID1はミラーリングとも呼ばれます。
    同じデータを2つのドライブに書き込み事で片方に問題が生じても中のデータは守られます。
    構成台数は2台です。
    容量は1/2になります。
  • RAID2、3、4
    あまり使われていないので割愛。
  • RAID5
    RAID内のドライブにデータを分散することで、ドライブ故障時にもデータが守られます。
    ドライブの内2つ以上が同時に故障すると回復できません。 最低構成台数は3台です。
    容量は構成ドライブ数-1個となります。
  • RAID6
    RAID5では1台までの故障に対しての対応でしたが、2台までの故障でも回復が可能です。
    最低構成台数は4台ですが、4台の場合RAID1+0の方が速度的利点があります。
    容量は構成ドライブ数-2個となります。

速度向上のため、RAID1と0やRAID5と0等で組み合わせる方法も有ります。

ソフトウェアRAIDとハードウェアRAID

ソフト、ハードと分けられますが、実際の所やってること自体はあまり変わりません。

ソフトウェアRAID

RAIDの機能をソフトウェアで再現した物です。
安価な物や、マザーボードのRAID機能がコレにあたります。
又、OSの機能としてRAIDを組めるOSもありますが、とりあえず割愛。

  • 利点
    ・なにしろ安価。
    ・意外と速度が出る。(例外有り)
    ・ハードウェアに左右されにくいため、チップが違う物でも中身の確認や移行が可能(例外有り)
     RAID1で組んでいる場合、普通のIDE、SATAに繋げれば中身が見れる場合も多い。
  • 欠点
    ・ソフトウェア処理のため、CPUへの負荷が有る。
    ・オンボードRAIDの場合、故障時やマザーボード変更時の不便が多い

ハードウェアRAID~

RAIDカード上にCPUやメモリが搭載されており、それを使いRAIDを行います。
RAID5のために積んでいるCPUがXOR演算特化になってるものが多いですね。

  • 利点
    ・RAIDの処理をカードが行うので、CPUの負荷が低い。
    ・高性能なカードは非常に高速。
  • 欠点
    ・それなりに高価
    ・RAIDカードが壊れた場合、同じカードを用意しないとデータが取り出せない場合が多い。
    ・RAIDカードの性能で速度が変わる。

内付け、外付けRAID箱

上記2つとはちょっと違うので別項にしました。
中身はソフトウェアRAIDの物やハードウェアな物等様々です。
最近流行のNASにもRAID機能が付いた物も有りますね。

  • 利点
    ・ドライバ等がいらない。(管理ツールが提供されてる場合は有ります)
    ・ドライバが要らないのでOSに左右されずに使える。(例外有り)
  • 欠点
    ・それなりに高価
    ・外付けの場合置き場所が必要になってくる。
    ・NASの場合ネットワーク速度が速度に関わってくる。

賢い利用法

予算と用途を考えて使うのが良いでしょう。

  • 高速化だ高速化
    RAID0が高速化には手っ取り早いでしょう。
    特に素材の量が多くなるほど、HDDの速度が関係してきます。
    HDDのトラブルには弱いのでバックアップは忘れずに!
  • とりあえずRAID1でデータ保護をしたい。
    • オンボードRAIDを利用するのが一番安価でしょう。
      使うHDDは同じ容量の物を利用するのが基本となります。(別容量の場合小さい方の容量に合わされます。)
    • 外付けHDDケースとかなら導入難易度は低いのでお勧めです。
      外付けの利点として、サブマシンで作業続行が楽という利点も有ります。

注意:同じ型番でも製造時期等により容量が増減するHDDが有りますので、交換用HDDは事前に用意しておく事を薦めます。
容量多い分には困らないんだけど、少ないとリビルドできないのよ・・・。

RAIDの注意点

RAIDカードの場合PCIの帯域を使い切ってしまう場合が有るため、キャプチャボードとの併用に難が有る場合が有ります。(コマ落ち等)
仕様上PCIに繋がってる様なオンボードのRAIDの場合も同様の問題が出ます。

PCIが2系統有ったり、PCI-Exが有るようなマザーボードの場合は、負荷を分散できるため問題は起こりにくいかもしれません。

関連記事

参考資料

total 31 today 1 yesterday 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-22 (日) 02:13:11