SometimeSomeWhere?のアレ:解説

というわけで、以前topでやるとか言っておりました、SomeTIME,SomeWHEREPreviewofSide?:Sで使われていた、AA使いの解説を行おうかと思います。

と言いたかったところですが、コレ、全然違う物作っていたようです(−−;。これはこれで、楽しんで使ってやって下さいと言う事で(汗

SomeTIME,SomeWHEREPreviewofSide?:Sで使われていた(正しいと思われる)方法は、別枠でページ作りました:PS-SometimeSomwhereので、そちらの法を参照して下さい。

あと書いてみて分かりましたが、PhotoShopの基本操作、ほとんど全てを使うことになります。一応、辛そうな所は、若干の解説を加えましたので、リンクを辿って、頑張ってください。

完成予想図

今回の画像はコレ

#ref(): File not found: "reimu.jpg" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

完成図は、こんな感じで

#ref(): File not found: "reimu4.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

…さて、それでは解説を開始いたしましょうか。

埋める文字の作成

まずは、文字の準備から。文字の大きさは縦横15px、フォントはちょっと入手しているか分かりませんが、金文体で行かせて頂きます。別にどれでやっても問題ないので。

まずは新規作成、下の図の様にしたいので。

#ref(): File not found: "image_tile5.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

幅:文字の大きさ(15px)×文字数(20文字)=300px
高さ:文字の大きさ(15px)×段の数(4段)=60px

なので以下の様に新規作成します。

#ref(): File not found: "image_new.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

このあと、ビュー(V)>定規を表示(R)、またはCtrl+R選択してルーラーを出します

#ref(): File not found: "image_tile2.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

ガイド:PS-ガイドを縦横15pxで作ります

#ref(): File not found: "image_tile3.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

で文字を埋めます。

#ref(): File not found: "image_tile4.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

文字をラスタイズしてビットマップにしたら、ガイドの中に収まるように微調整。範囲選択ツールで1文字づつ囲い込んで、Ctrl+矢印キーで移動させると楽です。

#ref(): File not found: "image_tile5.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

あとはレイヤーのコピーを利用して文字を量産。Ctrl+マウスドラッグで移動させながら、4段とも埋めて、画像の統合をします。

これで、文字の方の完成です。何処かに適当な名前で保存しておいてください。

本番、霊夢の画像の変換

#ref(): File not found: "reimu-wb.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

インデックスカラーになっているので、RGBに変換。後に75pxに縮小してください。そしてイメージ>色補正>2階張化

#ref(): File not found: "dialog-niar.png" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

縦横共に、1500%(文字の大きさ15px×100%)に拡大します。この時、画像の再サンプルを二アレストネイバー法:PS-二アレストネイバー法にしてください。

#ref(): File not found: "reimu-big.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

するとこんな感じになります。かなり大きいです。

#ref(): File not found: "string-anchor.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

先ほど制作した、文字タイルを呼び出して、すべてを選択Ctrl+A>編集>パターンを定義で登録します。

#ref(): File not found: "reimu2.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

クイックマスクモードに変換してから、編集>塗りつぶしを使って先ほど登録したパターンで塗りつぶします。

#ref(): File not found: "reimu3.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

モードを元に戻して、Deleteを押します。

#ref(): File not found: "reimu4.gif" at page "PS-SometimeSomwhere-fake"

そして選択範囲を解除すると終了です。

作ってみて

これ、作ってみて初めて実感できるのですが、多少頑張っても、出来る画像が、馬鹿みたいに大きくなります。

「大は小を兼ねる」と言いますが、当たり前に、縦横とも1000pxになるようでは、壁紙には、ちょっと使いにくい物だったりします。M@Dなら、640X480しか持てないので、なおさらです。

使えても、次に使いどころを、考えなければならないのが、これの欠点だったりします。

謝辞

この講座のサンプル画像は、「MY ナズビ」から拝借しました。
てんまそさんに多謝。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-22 (日) 02:13:11