ツールを使いこなすこと以外で。

  • できるだけたくさんの音楽を聴くこと
    これが趣味であることが望ましい。
    作家が小説を書くために教養が必要なのと同じくらい必要。
    エロゲーの主題歌やアニソンだけでは駄目。
  • 製作工程管理能力
    行き当たりばったりに作っていたのでは名作は生まれない。
    何度も脳内レンダリングを繰り返して、コンテに類するものを残す。
    それを元に計画どおりに作業を進める能力。
  • 明確な意識をもつこと
    どんなものを作りたいのか?
    何のために作っているのか?
    どういう意味を持っているのか?
    自分だけではなく見てくれる人も楽しめるのか?


    ・・・気力があったら続きを書きます。

作品は偶然と必然で出来ている。

初心者の作品がとて非常に魅力的なことが有る。
経験からくる作り方ではないので、偶然の塊と言って良いのだろう。

しかし、慣れてくると経験による必然で作るようになる。
いわゆるマンネリだ。
そこで偶然を呼び込むため、作りこみをする。
漠然と偶然を期待しても、偶然は偶然にしか出来ることは無いのだから。

total 13 today 1 yesterday 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-22 (日) 02:13:11